ブラック保育園で『心&体』が壊れる前に!12のチェックリスト公開

ひまわりっちブログ管理者
園長のひまわりです。

この記事では、ブラック保育園を見分ける≪12≫のチェックリストを公開します!

ブラック保育園【12パターン】

  • 低賃金すぎる
  • 休みが取れない
  • 人間関係が悪い
  • サービス残業が多い
  • 保護者への対応が悪い
  • 保育園からの勧誘が激しい
  • 就業規則が守られていない
  • 保育材料を実費負担で購入
  • 休憩はとれなくて当たり前
  • 持ち帰りの仕事が当たり前
  • 園前に堂々と求人を出している保育園
  • 子どもの声より保育士の声が園に鳴り響いている

さて、先日に下記のツイートをしました。

あなたがブラック保育園で消耗すると保育業界が損をします。
なぜなら『質が低い保育』でも結局保育園が回ってしまうから。
つまり無能な園長でも、保育園運営できてしまい、保育の質が向上しませんよね。
保育園側は、保育士に甘えてるだけ
ブラック保育園を辞めることが正義になると思います。

ひまわり
上記を深掘りしつつ、ブラック保育園の特徴を紹介します。

結論
1つでも当てはまったらブラック保育園の可能性大

要注意
当たり前!が多い保育園は、ブラック保育園の可能性大

ブラック保育園で働き続けていると、それが当たり前になり次第に感覚がマヒしてきますよ!

デビポくん
保育園選びで≪失敗したくない≫なら要チェックだなっ!
要チェック!
ブラック保育園で働いていると、ほぼ確実にあなたの『心』と『体』と『人生』が壊れます。

ブラック保育園に就職しないことが1番ですが・・・

もし今あなたが、ブラック保育園で働いているなら≪逃げるが勝ち≫

あなたの大切な人生を、ブラック保育園なんかで消耗するなんてもったいなさ過ぎます。

ブラック保育園で『心&体』が壊れる前に!12のチェックリスト公開

ブラック保育園で『心&体』が壊れる前に!12のチェックリスト公開
1つでも当てはまったらブラック保育園確定です!

低賃金すぎる

以下のグラフをチェックして下さい。

※マイナビ保育士:保育士さんのお給料『年代別月収・年収アンケート』参照

あくまでも目安になりますが・・・
上記の数字から大きくかけ離れているようなら、ブラック保育園の可能性大です。

手取りが13万円とか賞与(ボーナス)が出ないとかなら要注意です。

えり先生
ひまわりは、保育士経験6年で手取り13万円!
しかもボーナス年間2万円のブラック保育園に勤務経験アリ。

ただし、、、

  • 基本給だけでは判断できない
  • 福利厚生を見る

上記2点は、頭の片隅に入れておいて下さい。

月給が平均以下でも、福利厚生が充実している保育園があったりしますので!

休みが取れない

  • 週休二日
  • 有給休暇
  • 産休育休

当たり前に取得できないなら、ブラック保育園確定です。

週休2日は、ほとんどの保育園で取れると思いますが・・・

有給休暇&産休育休

この2つを取らせないブラック保育園が、実在しているので要注意。

保育の神様
有給休暇&産休育休は・・・先輩から

こんな理不尽なことをするブラック保育園があるんじゃ

有給休暇も産休や育休も、保育士の権利です。
毎日一生懸命保育をしてちゃんと義務を果たしているなら、堂々とその権利を主張していいはずですよね。

若手やベテランに関係なく!

人間関係が悪い

ちなみに、こんな感じの園長と一緒に働いているならブラック保育園確定です。
⇒【モンスター園長の実態】保育士の涙!ここまでひどい保育園の園長様

さらに、職員同士の派閥やイジメがあるなら、そんな保育園で働いていも『心』と『体』を壊すだけです

バブ天使
保育士を続けられない理由No1は・・・
人間関係でちゅ!

給料が安くても人間関係が良好なら保育士は辞めません。

逆に・・・

どんなに給料が高くても人間関係が悪いなら保育士はドンドン辞めていきます。

安月給問題は解決可能ですが、ブラック保育園の人間関係の問題は解決不可能。

サービス残業が多い

当たり前にサービス残業があるなら、即ブラック保育園認定です。

サービス残業の一例
時給1,200円×1日1時間×1ヵ月10時間=12,000円

サービス残業を当たり前にやらせているブラック保育園は、大切な保育士を12,000円もタダ働きさせているんです!

12,000円あれば、買いたい服を買えたり、欲しかった化粧品が買えたり、少し贅沢なディナーを食べられますよね。

ひまわり
サービス残業、当たり前・・・この考え方は、本当に危険です!
搾取されるだけですよ。

ちなみに・・・
先輩が帰るまで帰れない!

そんな無意味でムダな慣習があって、それがサービス残業になっているならブラック保育園です。

保護者への対応が悪い

  • 保育園様
  • 園長先生様
  • 主任様
  • ベテラン保育士様

この考え方が、一般保育士だけではなく『保護者』にまで蔓延しているようならブラック保育園確定です。

  • 保護者を大切に出来なければ、子どもを大切に出来ません。
  • 子どもを大切に出来なければ、保育士を大切に出来ません。
  • 保育士を大切に出来なければ、人を大切に出来ません。

そもそも、「保育園と保護者のどっちが偉いのか?」みたいな議論は無意味です。

えり先生
子どもにも保護者にも保育士にも・・・
『人』を大切に出来ないならブラック保育園確定ね!

保育園からの勧誘が激しい

見学や面接に行くと、猛烈に勧誘される保育園は要注意です。

即ブラック保育園と認定することは出来ませんが・・・

  • 猛烈に勧誘されるということは、保育士不足の可能性が高いと言うことです。
  • 保育士不足ということは、保育士の離職率が高い可能性があるということです。
  • 離職率が高いということは、ブラック保育園の可能性が高いという訳です!

保育業界全体で保育士不足なのは事実ですが、それでもしっかりと保育士を定着させて、離職率を下げている保育園は存在します。

デビポくん
表面的にいい顔をして、入社したらブラック保育園(汗)
ダマされないように気を付けないとなっ!

就業規則が守られていない

あなたは、今の保育園の就業規則をちゃんと読んだことがありますか?

おそらく多くの保育士さんが、1文1分丁寧に就業規則を読んだことがないと思います。
※「読んでるよ!」って言う保育士さん、ごめんなさい。

細かい内容は1つ1つ確認して、違反しているかどうかをチェックするのはかなり大変だと思います。
なので、以下の2点だけチェックして下さい。

  • 勤務時間が無視されている
  • タイムカードの意味がない

要は、勤務時間がちゃんと明確になっているかどうか!

ここだけは、必ずチェックして下さい。

サービス残業とつながる部分があるのですが、勤務時間(シフト)があってないような状態ならブラック保育園の可能性大です。

バブ天使
園長や主任の裁量で、保育士の勤務時間を操作する・・・
保育士さんは、奴隷じゃないでちゅよ!

保育材料を実費負担で購入

即ブラック保育園認定です。

  • 折り紙
  • 画用紙
  • 絵具
  • セロハンテープ
  • のりなど

とにかく保育で使用する備品や材料や教材を、あなたの財布から払わせようとする保育園は、ブラック保育園です。

そもそも給料が安い保育士さんに、備品や材料・教材を実費負担させるなんて、保育士を大切にしようとする気持ちがあるのか疑問に思ってしまいます。

ひまわり
それ、保育園の経費で落とせるはずですから!
実費で購入させるなんて、あり得ない(汗)

休憩はとれなくて当たり前

確かに、保育士は休憩がとりづらい・・・
これは認めざるを得ません。

それでも園長や主任は、保育士さんが休憩をとれるように配慮・調整する必要があります。

配慮も調整もしないで、保育士は休憩がとれなくて≪当たり前≫みたいなスタンスの場合、ブラック保育園の可能性大です。

持ち帰りの仕事が当たり前にある

「残業は、ありません!」

みたいな事を偉そうに言いつつ、実は保育士のほとんどが≪持ち帰り仕事≫をしている・・・

そんなブラック保育園があるので、要注意です。

残業(サービス残業)がなくても≪持ち帰り仕事≫があるなら、それはサービス残業をさせているのと変わりませんよね!

見学や面接で見抜くのはかなり難しいと思います。
それでも、上記のケースがあることを念頭に置いておけば、慎重に面接に臨むことが出来ると思います。

保育の神様
休憩なし!とか・・・持ち帰り仕事あり!とか・・・
保育士を≪奴隷≫みたいに雇うのは、許せんことじゃ!

園前に堂々と求人を出しているところ

この項目は、あくまでも参考程度にして下さい。

保育園の壁や玄関に求人広告を貼っていると・・・

「えっ!そんなに切羽詰まってるの?」

そう感じてしまいます。
※あくまでも主観的な意見です。

えり先生
地域貢献の1つとして、求人を出している可能性もあるわよね!

園前に求人広告を貼っているから、即ブラック保育園認定という訳ではありません。
あくまでも可能性があるということです。

子どもの声より保育士の声が園に鳴り響いている

保育園の主役は、保育園に通っている子どもたちです。

子どもたちの明るく楽しい声が響いている保育園って、やっぱりステキですよね!

でも・・・

「なにやってるの!!!」
「いい加減にしなさい!!!」
「ダメ。やめなさい。そんなことしないの。」

みたいな感じで、保育士の否定的な言葉が保育園に響いていたら、かなりブラック保育園の可能性が高いと思って下さい。

しかも保育士だけに限らず、園長や理事長がそれを当たり前のようにやっている(汗)

一昔前は、かなり厳しく保育をしている保育園もありました。
でも令和の時代、考え方は大きく変わってきていますよね。

それが分からず、昔の保育をそのまま今もやり続けている保育園は、ブラック保育園の可能性大です。

園見学をしよう【ブラック保育園にダマされないために】

園見学をしよう【ブラック保育園にダマされないために】
就職(転職)前は、可能な限り保育園見学に行きましょう。

就職(転職)前の見学でチェックすべきポイント

保育園の見学に行って、1番チェックすべきポイントは園長の受け答えではありません!

チェックすべきポイント

  • 子どもたちの表情
  • 保育士の表情(若手から中堅・ベテランまで)

園長や主任は、何回も何度も面接や見学対応をしているので、何がウケるのかを把握しています。
つまり、都合が良いことを並べ立てて、なんとか保育士を確保しようとします。

デビポくん
誤解を恐れずに言うなら・・・
園長や主任の対応は疑ってかかった方が無難だぞっ!

でも、子どもや保育士の表情はウソをつきません

園長や主任の巧みな話術にダマされず、子どもや保育士の≪表情≫に注目して保育園の見学をしてみて下さい。

きっとブラック保育園に就職(転職)する確率を下げることが出来るはずです!

ブラック保育園で『心&体』が壊れる前に!12のチェックリスト公開:まとめ

ブラック保育園で『心&体』が壊れる前に!12のチェックリスト公開:まとめ

  • 低賃金
  • 休みが取れない
  • 人間関係が悪い
  • サービス残業が多い
  • 保護者への対応が悪い
  • 保育園からの勧誘が激しい
  • 就業規則が守られていない
  • 保育材料を実費負担で購入
  • 休憩はとれなくて当たり前
  • 持ち帰りの仕事が当たり前にある
  • 園前に堂々と求人を出している保育園
  • 子どもの声より保育士の声が園に鳴り響いている

1つでも当てはまったらブラック保育園確定です。

以下の記事も参考にしつつ、あなたが楽しく人生を送れる選択をして下さい!
⇒保育士が辞めたいと思う理由【9パターン】辞めたい理由は人それぞれ
⇒保育士が年度途中で辞めたいは無責任?【結論】99%無責任じゃない

おすすめの記事